教育旅行用

歴史 由緒ある聖護院の歴史にふれる。

史跡旧仮皇居 聖護院門跡

聖護院門跡とは山伏(本山修験宗)の総本山であり寛治四年(1090)に増誉大僧正(1032~1116)の開基によるものであります。

修験宗とは大自然の中において山岳崇拝の精神を基とし、経験を積み、実行力の養成と人間性の向上、そして自らの宗教的敬虔心を養うための努力をする宗派をいいます。

門跡寺院となったゆかりは25代にわたり皇室より、12代にわたり摂家より門主をむかえたことにより皇室との結びつきが深いことからなります。

聖護院門跡が旧仮皇居となったのは、江戸時代末期(1788)天明の大火で御所焼失のおり光格天皇が一時仮住まいされた由来により史跡旧仮皇居の指定を受けております。現在も境内には「一夜造りの御学問所」や御所の女院を拝領した書院(重要文化財)等が当時のままに保存されています。

書院(重要文化財)

聖護院門跡山門 ならびに 書院襖絵

お茶室ならびに、一夜造御学問所(1788年江戸の末期、天明の大火の際、光格天皇が仮皇居として御利用になられたゆかりの一夜造御学問所です。)ならびに、庭園